チケットの有効期限に関する仕様

チケットに有効期限を設定できるようになりました。
有効期限を設定するとお客様にセットされている期限切れのチケットは無効化されます。

有効期限は3種類の中から選択できます

チケットの有効期限は以下の3種類から選ぶことができます。特に意識せず使われている場合は有効期限はなしとなっています。

  1. 有効期限なし(初期値)
  2. 日数で指定
  3. 日付で指定

 

便利な使い方

この機能は以下のようなケースに利用されると便利かもしれませんし、これ以外でも使い方は沢山あるはずです。

  • 会員資格を取得から1年間とするような場合
  • 特定の日付を持って会員資格を削除したいケース
  • 顧客ランクを一定期間で落としたい

 

日数で指定されている場合の挙動

15日と指定されている場合、15日が過ぎて16日目に実行された処理で無効化されます。

有効日数が15日の例

2月1日に有効化されたチケットは、2月16日0時に無効化される

チケットを取得した時間から起算なので注意が必要

2月1日17:47に有効化されたチケットが無効になるのは、2月16日17:48以降に実行される処理で無効化されます(つまり17日の0時)

日付で指定されている場合

その日付が過ぎたあとの最初のバッチ処理で無効化されます。