定期課金の課金日を合わせる

はじめに

通常、契約日は各お客様が申し込みされた日によって変わります。

「運営上、定期課金日を合わせたい」というご依頼が多かったため、この度定期課金の課金日を揃える機能が追加されました。

では順を追ってご説明していきます。

はくにゃん
超便利な機能がついて嬉しい!!!
たけちん
便利だけど使い方には注意が必要なんです。

導入方法と対象

この機能が使える対象商品
定期課金の「月払い」と「年払い」

合わせられる日の種類
毎1日
毎5日
毎10日
毎15日
毎20日
毎25日
毎末日

会員の対象プラン
ビジネスプラン・プレミアムプランの方

開始時
デフォルトではこの機能はついておりませんので、導入時にははサポートまでご連絡ください。

設定方法

課金日を合わせる機能が導入されますと、商品の設定→②決済の設定の部分に「課金日」という項目が現れます。

年払い・月払いが対象になります。

お申し込みフォームには基本的には表示されません(お客様は見れません)ので、概要欄などで詳しくご説明ください。

管理画面で確認

月額払い (例)課金日を15日にした場合

下記が月払いの15日締めで申し込んだ方の管理画面での表示になります。

その方の申し込み情報の詳細をご確認いただきますと、申込日が2/16ですが、次回課金日が3/16にならず
「03-15(毎月15日)」となっております。

2/15〜3/14に申し込まれても次回課金日は次の15日という考え方になります。

3ヶ月払い (例)課金日を1日にした場合

下記が3ヶ月払いの1日締めで申し込んだ方の管理画面での表示になります。

その方の申し込み情報の詳細をご確認いただきますと、申込日が2/18ですが、次回課金日が5/16にならず
「05-1(該当月1日)」となっております。

2/1〜2/28に申し込まれても次回課金日は次月の1日という考え方になります。

年払い (例)課金日を月末にした場合

下記が年払いの末日締めで申し込んだ方の管理画面での表示になります。

その方の申し込み情報の詳細をご確認いただきますと、申込日が2/18ですが、次回課金日が来年の2/18にならず
「2021-02-28(毎年02月末)」となっております。

2/1〜2/27に申し込まれても次回課金日は来年の該当の末日という考え方になります。

注意事項

ここで注意していただいきたいのは、どの契約も申込日(キャンセル日)によって同じ金額のお支払で約1ヶ月分の誤差が出てしまいます。

例えば、月課金で毎月1日に課金日を合わせた場合、

1/1に入会した方と
1/31に入会した方とでは同じ金額のお支払で約1ヶ月分の誤差が出てしまいます。

1/31に初回の支払いをした方が、次の日2/1に視界の課金日になってしまいます。

初回0円でしたら特に問題は起こらないかもしれませんが、運営方針に合わせてカスタマイズをお願いいたします。

たけちん
日割りの金額を入れる場合は、以前のやり方を試してね

関連記事はこちら

日割り料金を請求する方法

2020年9月14日