初回受注が月末だった場合の次回課金日の考え方

定期課金サービスのお申込みが月末だった場合に、次回課金日はどうなるのかという疑問についてお答えいたします。

31日に初回受注した場合の次回課金日はどうなる?

31日に初回受注をし、毎月の定期課金を行っていく場合、次の月に31日がないというケースが発生します。
その場合は、以下のように次回課金日は決まっていきます。

基本ルール

  • 31日がない場合、次回受注日は30日となる
  • 30日もなかった場合、29日、28日と存在する日まで繰り下がる
  • 月末に初回受注した場合、次月以降の次回受注日も月末となる

ケーススタディー1

12月31日に受注した場合、次回以降の定期課金は以下のように登録され、決済されていきます。

  • 12月31日
  • 1月31日
  • 2月28日
  • 3月31日
  • 4月30日

ケーススタディー2

12月30日に受注した場合

  • 12月30日← 初回
  • 1月30日
  • 2月28日← 繰り下げ
  • 3月30日
  • 4月30日

ケーススタディー3

2月28日に受注した場合

  • 2月28日
  • 3月31日
  • 4月30日
  • 5月31日
  • 6月30日
申込日の日付が次回受注日とすることもできます。

▼2月28日(月末の)の場合、つまりこうなる

  • 2月28日
  • 3月28日
  • 4月28日