新機能

Paidy(ペイディ)の導入と設定

はじめに

Paidy(ペイディ)とは、メールアドレスと携帯番号で買い物ができるサービスです。

毎月の利用分を、コンビニ・銀行振込・口座振替でまとめて支払いができる便利な機能です。(ユーザー様がペイディ管理画面で振替口座を登録すると手数料は0円)

サービスについて詳しくはこちら→https://paidy.com/landing/

ペイディ導入は決済会社UPCの審査後、ご導入の場合初期費用などかかる場合がございます。
詳しくはサポートまでご連絡ください。

ペイディで支払いする手順を順を追ってご案内致します。

https://taketin.com/wp-content/uploads/2018/02/haku_base.png
はくにゃん

アマゾンアカウントでも登録ができる有名なサービスだよ!

https://taketin.com/wp-content/uploads/2018/02/taketin_base.png
たけちん

興味のある方はサポートまでご連絡ください。

設定方法

まずはサポートに、ユニヴァ・ペイキャストの審査を受け決済ができるように依頼します。

その後、対象の商品の編集で②決済の設定で「あと払い (ペイディ)を利用する」にチェックを入れましょう。
これで販売開始になります。

申込み完了後ページの設定について

Paidy(ペイディ)では、申込み完了後に支払い画面に移行します。
その際、③詳細の設定にて完了後URLを指定している場合、支払い画面に移行しません。

paidy払いを設定したフォームでは、完了後URLを指定しないことをオススメします。 

手数料について

Paidy決済を利用するにあたりTAKETINより事業者様に請求となる導入費用や基本使用料はありません。
手数料については、こちらの内容です。

・事業者負担 クレジットと同様に決済金額に応じた決済手数料が費用として発生します。
(詳細につきましては、ユニヴァ・ペイキャスト様にご確認ください)

・申し込みのお客様負担 ご利用のお客様の手数料に関しましては、支払い方法によって異なります。

コンビニでのお支払い
支払い手数料 356円
口座振替でのお支払い 無料
銀行振込でのお支払い 金融機関により振込手数料が異なります。

 

関連記事はこちら

Paidy(ペイディ)の画面表示(ユーザー・管理画面)

ユーザーから見た画面 申込み画面 申込みフォームの下部「お支払い方法」で「あと払い (ペイディ)」を選択します。 そのまま...
2022.06.13

[決済アカウント]総合アカウントと自社アカウントの違いについて

TAKETIN MPでは、決済代行会社と接続して高度な決済ソリューションを導入できるようになっています。 決済代行会社との接続方法には...
2018.02.20
TOP