Paidy(ペイディ)の活用方法

はじめに

Paidy(ペイディ)とは、メールアドレスと携帯番号で買い物ができるサービスです。

毎月の利用分を、コンビニ・銀行振込・口座振替でまとめて支払いができる便利な機能です。(ユーザー様がペイディ管理画面で振替口座を登録すると手数料は0円)

サービスについて詳しくはこちら→https://paidy.com/landing/

この度この「自社アカウントUPC(ユニヴァ・ペイキャスト)」のお客様が対象に、ペイディでお支払いできるようになりました。※審査あり

ペイディで支払いする手順を順を追ってご案内致します。

はくにゃん
アマゾンアカウントでも登録ができる有名なサービスだよ!
たけちん
興味のある方はサポートまでご連絡ください。

設定方法

まずはサポートに、ユニヴァ・ペイキャストの審査を受け決済ができるように依頼します。

その後、対象の商品の編集で②決済の設定で「あと払い (ペイディ)を利用する」にチェックを入れましょう。
これで販売開始になります。

購入方法(ユーザー様から見た表示)

システムの申込画面

申込みフォームの下部「お支払い方法」で「あと払い (ペイディ)」を選択します。

そのまま支払画面に移るための表示が現れます。

 

ペイディのサイトの申込画面

ペイディのサイトで詳細の入力を行います。
システムの申込みフォームの内容が反映されますが、ここで訂正も可能です。(システムの情報と同じである必要はありません)

ペイディの初めての買い物の場合、次回からログインするための登録をします。
(再購入の場合はこの画面は出ません。)

ご登録の携帯に認証番号が届きますので、入力していただきます。
※以前にご登録があり「次回から入力を省略」をしても、認証コードの確認は毎回行われる仕様です。

「ご登録完了」と表示がありますが、「ご購入が完了した」という意味になります。
こちらが出ますと、システム側でも申込みが有効化されます。

ユーザー様から契約の取り消しなどは行なえませんが、ペイディの管理画面から支払い詳細を確認できます。

ログインはこちら→https://my.paidy.com/home

システム側の管理画面の表示

決済が成功した場合

支払いが完了しているものは「受領」になり、対応メモに詳細が表示されます。

決済が失敗・ペイディの途中で終了した場合

システムでの申し込みが完了した後にペイディの画面で決済の失敗や、何らかの理由で購入まで至らなかった場合、契約は「保留」になります。

「保留」の申込みは管理画面からキャンセルできます。

手数料について

Paidy決済を利用するにあたりTAKETINより事業者様に請求となる導入費用や基本使用料はありません。
手数料については、こちらの内容です。

・事業者負担 クレジットと同様に決済金額に応じた決済手数料が費用として発生します。
(詳細につきましては、ユニヴァ・ペイキャスト様にご確認ください)

・申し込みのお客様負担 ご利用のお客様の手数料に関しましては、支払い方法によって異なります。

コンビニでのお支払い
支払い手数料 356円
口座振替でのお支払い 無料
銀行振込でのお支払い 金融機関により振込手数料が異なります。

完了した決済の取消(返金)方法

申込のキャンセルを行う場合は、通常と同じ手順で行えます。
しかし「返金」する場合はユニヴァ・ペイキャストの管理画面で行う必要があります。

該当の支払い内容の下部「Paidy決済の取消」で決済の取り消し(返金)のタブを開きましょう。

Paidy決済の取消(返金)は、こちらの管理画面より行ってください。


の文言の「こちら」部分がユニヴァ・ペイキャストの管理画面になります。
ユニヴァ・ペイキャスト管理画面から取り消し処理を行ってください。

ペイディのログインについて
電話番号の変更

システムではユーザー様に1つのペイディアカウント(Paidy用トークン)がつきます。
ですので、ペイディアカウント(Paidy用トークン)変更するとすべてのお取引が新しい情報で行われます。

電話番号の変更などログイン情報が変わった場合は、購入の際に上部の編集で変更を行っていただけます。

電話番号が2つあり、ペイディアカウントが2つある場合は、契約ごとに変更できませんので1つに統一していただきましょう。

関連記事はこちら

総合アカウントと自社アカウントの違いまとめ

2018年2月20日