メール配信の使い方(ステップメール編)

ステップメールの作業場所

「運用メニュー」から「ステップ配信(メール配信)」へと進みます。

ステップ配信の考え方

起点となる日について

チケットの取得日(有効化した日)を起点にステップ配信されていきます。
起点となる日から○日後の○時に送信という送り方になるので、当然それぞれの顧客によって配信日が変わってくる送信手法です。

シナリオ数について

チケットを起点とするので、「シナリオ=チケット」と考えることができます。よって、シナリオ数に制限はありません。

配信対象について

ステップメールの場合、配信対象となるグループは「そのチケットを持っている人達」ということになります。
よって、配信対象として設定できるチケットは1種類となっています。

ステップメール一覧

下図のように、ステップメール一覧画面では、登録されているすべてのステップメールが表示されています。

対象となるチケットをクリックすると、そのチケット(シナリオ)内のメール一覧に切り替わります。

プレビュー項目の枠内をクリックすると、「配信予定数」「送信ステータス」といった各種情報が確認できます。

ステップメールの編集画面

編集ボタンを押すと、件名や文面を変更できる画面に移動します。

ここでは、「メール編集」「配信の設定」「テスト送信」が出来るようになっています。

配信の設定

配信の設定タブをおすと、配信にかかわる設定ができます。

  • 配信対象となるチケット(シナリオ)
  • 配信日時(○日後の○時○分)
  • 配信状態(ステータス)

配信対象となるチケットは1つだけ選択可能です。

配信日時は、上記チケットの取得日(有効化)を起点として、何日後の何時といった具合に設定します。

ステータスは、「下書き」か「送信予約」の2種類です。配信を開始する際に「送信予約」として保存してください。