会員証の設定・使用方法

はじめに

対面で会員であることを確認するための機能として「会員証機能」というものがあります。

【実現できること】
会員証機能で実現できることとしては、

  • 会員ランクを分ける事ができ、表示できる
  • 利用制限や来店回数の記録や有効期限の確認
  • 使用無効の会員も画面表示で判断できる

などがあります。

【ご利用シーン】
・ショップの会員証
・協会の会員証
・利用制限のあるサービスのチケット

【導入手順】
①チケットの作成
②商品の設定、申し込みフォーム作成
③TAKETINサポートに依頼※有料
④お申し込みフォームから販売
⑤マイページにて会員証の利用
となります。

会員証の導入・デザインの依頼は有料オプションですので、TAKETINサポートにお申し込みいただくことで更新・使用可能になります。
QRコードや写真挿入など、ご希望に合わせてテンプレートをお作りします。

順を追ってご説明していきます。

たけちん
導入時にお申し込みいただければ初期費用に含まれるのでお得!

管理画面での事前準備

チケットの作成

チケット管理の画面で新規追加します。
ご希望の「回数」「期限」などを設定し、更新を押します。

商品の設定、申し込みフォーム作成

商品の編集で「詳細の設定」のタグで、先程追加したチケットを選択します。

有効期限用の登録日や、お申込み人数の設定などはここで行えます。

お客様画面からの確認

お申し込みフォームから販売

TAKETINのサポートチームに連絡後、テンプレートの用意・更新が完了しましたら、いよいよ販売です。

申し込みフォームのURLからお客様が購入すると、完了画面にマイページに移動でき、会員証を表示できるようになります。

マイページにて会員証の利用

会員証のタグにお客様の契約中のチケットが表示されます。
※この表示画面がご依頼いただいたテンプレートになります。

該当のチケットを押すと、ポップアップが表示され「利用する」というボタンが出てきます。こちらを押すと、一回ご利用されたことになります。

ご利用が完了すると「利用しました」と表示が変わると共に、利用時間が記録されます。

使った履歴は5回まで下に表示されます。
利用できない期間中であったり、ご利用が限界まで達していったら「現在は利用できません」という表示が出て、無効化されます。

スマートフォンのホーム画面に追加する

iPhoneならサファリ、Androidならクロームでディスクトップにブックマークを置くこともできます。

はくにゃん
美容院のクーポンやラウンジ入場、コーヒーチケットなど使い方は様々

 

関連記事も要チェック

チケット利用に制限をかける方法

2020年2月5日

マイページ機能について

2017年10月20日