[Paypal]請求・支払いを変更する

はじめに

決済アカウントにPaypalを選択した場合、配慮すべき点がいくつかあります。

Paypalの場合、決済は必ずPaypal側で行う必要があります。

請求や支払いがTAKETINシステムの外側にあり、通知を受けることでシステムに反映するというものです。

つまり、請求や支払いの変更はTAKETIN側で出来ずPaypal側で対応となる場合がほとんどです。

こちらでは、お客様から支払いや請求についての変更に対応する内容をご説明いたします。

支払い方法を変更する

初回銀行振込に変更する。

TAKETINのシステムで行えるのは、申し込みをされたがPaypalにて支払いを完了されておられない方に対し銀行振込に変更するということのみです。

申し込みを完了され、支払いが行われていない状態ですと申込の状態は保留となります。
(申し込みフォームの中で決済をされても反映に時間がかかる場合がございます。その場合も保留の状態が一時あります。)

支払い方法を変更より、銀行振込に変更ができます。

その他

その他の変更については、Paypalにて行うというのが原則です。

支払いカードの変更などは、Paypalの画面にてお客様によって行うことができます。
(Paypal側での制限や変更により変わる場合がございます。)

キャンセル・課金停止を行う

Paypalでは、支払いカードの変更のほか定期支払いの停止などをお客様側で行うことが可能です。

キャンセルについても、TAKETINシステムで行えるほかに事業者側のPaypalでも行うことができます。

決済情報は連動しますので、Paypal側で行っても決済に連動した会員情報は反映されます。

返金をしたい場合は、追加して返金の処理を行う必要があります。

Paypalでの実際の画面(2021.9月時点)

取引それぞれに画面が存在します。

また、詳細の画面でサブスクリプション契約への対応が可能です。

返金を行う

Paypalをご利用であれば、返金の対応はpaypalで行う必要があります。

取引の詳細より返金を実行することができます。合計返金額を確認し、実行とすることで返金は完了です。

プランを変更する

プラン変更の際は、旧プランをキャンセルし新プランを契約するという方法になります。

切り替えるというより、キャンセルを経由し入り直すという対応です。

おすすめする方法

継続課金の運用でPaypalは下記の理由であまりお薦めしておりません。

  • 顧客自身がPaypalアカウントを持っていないといけないこと
  • 顧客自身が定期支払を停止できてしまうこと(販売者にはメール通知のみのため顧客管理が大変になります)
  • 契約フォームと支払いフォームが別の画面になってしまうため、未払いが発生してしまい弊社システムの強みを活かしきれない部分があること

もし弊社のプランをご利用の方でカード支払いに変更されたい場合は、顧客データなどそのままで切り替えが可能です。

その際は弊社サポートまでご連絡ください。

また、Paypalのご利用であれば申し込みの変更を行う場合は、既存の契約をキャンセルし新たな契約を準備する方法が管理が行いやすいかと思われます。

Paypalで契約の変更を行える部分もございますが、一部制限もあり管理の部分で配慮する必要があります。

[Paypal]着金処理と自動返信メールについて

2021年7月30日

[Paypal]申し込みから決済までの流れ

2021年7月29日