決済管理

[決済アカウント]カード明細に記載される文字について

お客様が利用したカードの明細に記載される店舗名は以下となります。

総合アカウント(UPC)の場合

店舗名に関して

カードでお支払いの場合、明細には下記のように明記されます。

Visa/Master/JCB:「TAKETIN」

総合アカウント(UPC)の場合で2022年5月までの決済
(2022年6月1日売上分よりVisa/Master、JCBにおいて全て「TAKETIN」で統一となります。)

Visa/Master:「TAKETIN」
JCB:「MLT 0570********」0570から始まるサポートの電話番号が付きます。

注文時の表示に関して

申し込みフォームを入力し、内容確認で「ご確認事項」と下部に現れます。

その後、最終確認のためのポップアップが表示されます。

総合アカウントの場合は請求社名不明でエンドユーザー様から弊社に連絡(クレーム)が来てしまいます。
エンドユーザー様には事前に「カード明細に記載される店舗名」について周知をいっていただければと思います。

表示される内容は、運営者情報で設定している「クレジット決済説明文(メール等)」です。

自社アカウントの場合(UPC、ZEUS、ALi)

決済会社との契約により御社が指定した店舗名(英字文字列)が可能。
※審査により異なります。

自社アカウント(AquaGatesアクアゲイツ)の場合

カードでお支払いの場合、明細には「infopay」または「ecpay」と明記されます。

Paypalの場合

「PAYPAL **」の後ろに番号のついた文字列が記載されます。

関連記事はこちら

[決済アカウント]総合アカウントと自社アカウントの違いについて

TAKETIN MPでは、決済代行会社と接続して高度な決済ソリューションを導入できるようになっています。 決済代行会社との接続方法には...
2018.02.20

[決済アカウント]総合アカウントの決済手数料について

UPC(総合アカウント)を利用しますと、即座に販売が開始できます。 UPC(総合アカウント)を利用した決済手数料は以下のようになっています...
2017.02.17
TOP