顧客にチケットを追加する方法

顧客(ユーザー)に追加させる方法には3つあります。

  1. 詳細画面で管理者が設定する方法
  2. 商品の登録画面で、その商品の購入者に付与するチケットを登録しておく方法
  3. 申し込み詳細画面で、管理者が設定する方法

2と3の方法については、その顧客に紐づくのはもちろんのこと、申込み番号とも紐づくので契約の状態をかんりする場合にお薦めできます。

顧客詳細画面で管理者が設定する方法

顧客詳細の画面にある「チケット」タブに移動します。

この画面では、その人が持っているチケットの一覧が表示されていて、管理もできます。そして、ここでチケットを付与することも可能です。

追加すると、その下にある一覧に表示されます。

 

商品の登録画面で、その商品の購入者に付与するチケットを登録しておく方法

商品の登録画面で、その商品の購入者に付与するチケットを登録しておくと、購入者にはそのチケット(属性)が登録されます。

申し込み(契約)とも同時に紐づくので、その契約がキャンセルとなった場合には無効化されます。

よって会員資格として利用する場合はこちらを使うようにします。

設定方法はかんたんで、商品の設定画面に移動して「③詳細の設定」へ移動します。

その後、その商品のフォームを経由して申込みを行った人にセットしたいチケットにチェックをいれ保存するだけです。セットするチケットは複数選択が可能です。

上記例であれば、「会員である」ことと「ベーシックプランである」という目印を付けようとしています。

申し込み詳細画面で、管理者が設定する方法

上記の方法で、申込みに紐付いたチケットをセットすることはできましたが、チェックしわすれてしまい申し込みがあったもののチケット登録ができていない場合があります。

こういったケースでは、申込み詳細画面でチケットのオン・オフができるようになっています。

1.申し込み一覧の詳細を開く

詳細のリンクを押して詳細画面へ進みます。

2.詳細画面の下にある「申込みに関連するチケットの更新」を開きます。

すでに登録されているものが表示されています。

新規登録する場合

フォームにカーソルを合わすと、登録済みチケットの候補が出てくるので、それを選択して変更するを押します。

削除する場合

チケットの横の☓ボタンを押して消した後に、変更するを押します。

削除したチケットは無効ステータスとなり、ここでは完全に削除はされません。

 

チケット機能

2019年12月28日