ウィジェットやテーマ内で会員のみにコンテンツを表示させる方法

会員レベル(ログイン中)を判別したい

ウィジェット内で会員だけに何かを表示したい場合

ログイン中であれば表示させたい場合

[is_taketin_logged_in] ログイン中の人だけに表示 [/is_taketin_logged_in]

ログインしていない場合に表示させたい場合

[is_taketin_logged_out] ログインしていない場合だけ表示 [/is_taketin_logged_out]

 

特定の会員レベルの人だけに表示させたい場合

[is_taketin_logged_in membership="3"] 会員レベル3の人だけ表示 [/is_taketin_logged_in]

 

カンマ区切りで複数の会員レベルを指定できます。

[is_taketin_logged_in membership="3,5"] 会員レベル3と会員レベル5の人だけ表示 [/is_taketin_logged_in]

テーマファイル内で利用したい場合

テーマファイルに条件分岐させたい場合にはこのような記述をします。

boolean=true をつけると、返り値が「true」もしくは「false」で戻ってきますので、if文の条件式に利用できます。
ログイン中であれば表示させたい場合

<?php if( do_shortcode('[is_taketin_logged_in boolean=true]')):?>
 ログイン中の人だけに表示 
<?php endif;?>

 

特定の会員レベルの人だけに表示させたい場合

<?php if( do_shortcode('[is_taketin_logged_in membership="3" boolean=true]')):?>
 会員レベル3の人だけ表示 
<?php endif;?>

 

カンマ区切りで複数の会員レベルを指定できます。

<?php if( do_shortcode('[is_taketin_logged_in membership="3,5" boolean=true]')):?>
 会員レベル3と会員レベル5の人だけ表示 
<?php endif;?>

会員レベルIDの見方

membership="3,5"とかに入れる会員レベルIDはプラグインの設定画面で確認できます。

会員レベル一覧画面で確認しましょう。

チケットの所持を判別したい場合

ウィジェットや投稿内で使う場合

特定のチケットを持っている人だけに表示したい

[is_taketin_ticket_have ticket=5]チケットID5を持っている人だけ表示[is_taketin_ticket_have]

テーマファイル内で利用したい場合

特定のチケットを持っている人だけに表示したい

<?php if( do_shortcode('[is_taketin_ticket_have ticket="5" boolean=true]')):?>チケットID5を持っている人だけ表示 <?php endif;?>

特定のチケットの登録日を取得したい場合。入会日などとして利用できます。

<?php $joinDate = do_shortcode('[is_taketin_ticket_have ticket=5 return=activated]') ; ?>

※ チケットを複数指定することはできません。

チケットIDの味方

ticket="5" とかの数字は以下の画面で確認できるようになっています。