顧客インポート機能について

既存の顧客リストをTAKETINデータベースへ取り込みたい場合や、特定のリストへチケット情報をセットしたい場合などに顧客インポート機能を使うと便利です。

用意するもの

最低限必要なものは「メールアドレス」と「名前」が記載されたCSVファイルです。

取り込みたい項目は、自由に選択できます。また項目の並びについてもインポート時に取捨選択できるので気にする必要はありません。

顧客インポートの場所

「設定」から「顧客インポート(ファイル入出力)」へ移動します。

このような画面が表示されます。

インポートの方法

1.CSVをアップロード

ファイルマネージャーを使って、インポートする顧客リストのCSVをアップロードします。

そのCSVファイルを選択して「インポート」ボタンを押します。

2.インポートする項目を選択

次の画面では、CSV内に含まれていた項目(1行目)がセレクトボックスの選択しとして選べるようになっています。
セットしたい項目が、CSV内のどの項目にあたるのかを選択してください。

CSVにあっても、ここで選択されなかった項目はインポート保存されません。

3.必要であればチケットを選択

インポートすると同時に一括でチケットを付与することができます。

4.問題なければ「インポート」

確認いただき問題なければ「インポート」ボタンを押してください。ボタンを押すとインポートが開始されます。(確認画面はありません)

便利な使い方

顧客インポート機能では、メールアドレスのリストが既にデータベース内に存在する場合でも重複して登録されることはありません。

重複リストは上書き更新される

重複しているメールアドレスがデータベース内にある場合、情報を上書き(更新)する形でインポートすることができます。

よって、同一のリストであってもCSVの中身を更新し、再度取り込むことで一括で情報を更新するといったことも可能です。

複数チケットをセットもできる

また、インポート時に特定のチケットを付与しながらインポートさせることも出来るので、チケットを複数セットしたい場合にも、同じ作業を繰り返すことで、1人に対して複数チケットをセットさせることも可能となっています。