ユーザーを統合する方法

このシステムでは、同じメールアドレスでの顧客登録は原則行えないようになっています。
しかし、異なるメールアドレスで同一のお客様が登録された場合など、お客様を統合(1つにまとめる)することができるようになっています。

例えばこんな感じ

ここでは既存の重複したユーザーを1つに統合する方法を紹介します。

※ときにユーザーを「顧客」「メンバー」として表記される場合もありますので、読み替えて進めてください。

注意点

ユーザーの統合は、その統合する側と統合される側の両方にパートナー登録があると行えません。
パートナー機能を使っていない場合は、特に気にすることはありません。

準備:統合するユーザーIDを用意する

統合される側(消えてなくなる人)のIDと、統合する側(今後も生きる人)のIDを用意しておきます。

IDの調べ方はブラウザのアドレスバーを見れば、簡単にわかります。
「メンバー一覧」→IDを知りたい人の「編集」ボタンを押し、詳細画面へ移動します。

このIDを、統合されるIDと統合するIDの合計2つを控えておきます。

手順1:統合画面へのアクセスします。

以下のようなURLにアクセスされるとおもいます。

/admin/user/

統合画面は、日常業務では利用する必要がない画面のため、リンクは用意されておらず、ご自身でブラウザのアドレスバーへ入力いただく必要があります。

上記URLへ続いて、aggregateと入力ください。

/admin/user/aggregate/

統合画面が表示されます。

手順2:統合する各IDを入力

確認画面を経て

確定ボタンを押します。

以上で統合が行われます。